パソコンのDataBaseと連携しよう!

ご自分のパソコンからデータベースをWEBに発行するだけでは、あまり役に立ちません。
注文を受けたり、新しい品揃えにする場合など、サーバーのデータベースと連携しなくては大変です。

連携にはODBCドライバが必要で、自分のパソコンにインストールすると、サーバーのデータベースに接続してくれます。
OracleやSyBase、MS SQLServerなどのほか、MySQLPostgreSQLにもODBCドライバがあります。

さて、WEBで公開するデータベースは、フロントエンドとして、表示のしかたや注文フォームなどをハンドリングするプログラムが必要です。これを担当するのがCGIPHP(html埋め込み型のスクリプト)です。

音彩館のコントロールパネルからは、データベースの作成時に、PHPでの検索・入力スクリプトまで自動作成します。
あとはODBCドライバでご自分のパソコンと接続して下さい。


MySQL データベース

PostgreSQL データベース